整理術で使いやすく

ここでは、いくつか整理術をご紹介します。

・仕切る
引き出しは、なるべく仕切りましょう。
靴下やレギンス用は、正方形で仕切れば、断然見やすくなります。
インナー用は、幅広の仕切りで整理すると、アイテムをまとめて詰め込むだけでOKな収納に!これをするだけでたたまずに済みます。
ぴったりサイズの仕切りが見つからないときは、紙袋を活用しましょう。横半分に切って引き出しの高さにあわせて切り口を折り返すだけで出来ます!

・引き出しの高さ
引き出しは、あまり高くしてしまうと取りづらくなってしまいます。
積み上げても腰の高さまでにしましょう。空間を上手く利用するには積み上げるだけでなく、吊るす、キャスター付きにするなどが取りやすさが大切です。

・カラーコーディネイト
色物は分けて、引き出しでは手前が明るめで、奥にいくほど黒系のグラデーションがおススメです。吊るす洋服はベースカラーで並べていきましょう。
薄い順に右から白、黄色、オレンジ、赤、青、黒とだんだん濃くなるように色鉛筆などを参考に並べると、見た目も綺麗で美しく使いやすいクローゼットになります。

・アクセサリー
洋服のそばか洗面所もおススメです。
自分がアクセサリーをどれにしようかと考えたい場所に配置しましょう。アクセサリーはインテリアにもなりますので、オープンな収納でも楽しめます。
お気に入りの器やクリアポケットやクリアケース。製氷皿もピアスや指輪を入れるのに大活躍しますよ。
小分けできるだけでなく程よいカーブがついているので、小さな指輪やピアスが取りやすくなりとても便利です。
クローゼットの中にあるほうがいいと言う方は、クローゼットの内側で吊るして収納もいいですね。