自分らしいクローゼットの作り方

まずクローゼットを整理する前に、進めていく流れをご紹介します。
ただやみくもに始めても、途中で挫けてしまいそうになるので、整理する前に下記のような流れをイメージしてから始めてみてください。

 

①片付けの前に理想の姿をイメージ(憧れのモデルさんや女優さんをじっくりと思い描く)

②クローゼットの中身を全部出して、一箇所に集める

③服の仕分け(トップス、ボトムスに分けたら、色&大きさに並べる)

④出番の多い洋服と、そうでない服を分ける

⑤今その洋服が好きかどうかを確かめる(今好きと思えないもの⇒残す、ゆずる、手放すにセレクト)

⑥収納する前に、日頃の動線をチェック(コートや羽織物はクローゼットより、玄関やリビングにおいたほうがいい場合も。自分の日頃の生活を思い出して「ここにあると便利かどうか」を基準に)

⑦服の指定席を決めたら完成(出番が多い洋服は、一番取りやすい場所へ置くのが大切)

⑧季節ごとのプチメンテナンスも必要

 

このような形で始めてみませんか?

特に女性にはどうしても捨てられないものの一つに洋服があるという方もいます。
その洋服を手に取ったときのときめきや憧れを持って購入した洋服もあると思います。着て過ごした記憶が染み込んでいる洋服は確かにずっしりと重みがあります。この重みを知っているからこそ、服が捨てられないと悩む方も多いでしょう。

そういった心から大好きなものはすぐに捨てる必要はありません。
昔も今も変わらずときめくものを大切にすることは、人生にたくさんのときめきを運んでくれますから!今回、それがどれでどこにあるかを見極めましょう。