衣類のたたみ方

衣類を収納するときは、基本立ててすると収納力がアップします。

またどうせたたむなら、ビシッときれいにたたんで見たくありませんか?

ここではショップのように収納というよりは、美しくたたんで並べることで見た目もきれいなやりかたをご紹介します。Tシャツを重ねて積んでも、デコボコになったり傾いたりしないたたみ方を覚えてみましょう。

イメージはショップ店員さんです。上手くたためたときは、なんだか嬉しい気持ちになりますよ。たたむのが嫌いじゃないかたはぜひ試してみてください。

 

・Tシャツのたたみ方
①Tシャツを勢いよくパンと振って、シワを伸ばします。
②アイロンをかけるように、手のひらでシワをならしてください。
③首より少し外の位置で袖を折り、脇の縫い目を真っ直ぐ伸ばします。片方ずつ丁寧に折り全体のシワを再度、手で伸ばし整えます。
④袖を付け根にある縫い目から外側に折ります。縫い目に沿って折ると折ジワになる部分が減ります。
長袖の場合も同じく袖の部分を付け根から折って外側にはみ出さないように身丈と平行に折りましょう。もし袖が裾からはみ出しても大丈夫です。
⑤袖を押さえたまま、上半分をストンと落とすように真ん中で折ります。裾が袖上部のライン上に来るよう二つ折りにすると、仕上がりがきれいになります。
⑥たたんだTシャツを表にして、襟が内側に来るよう二つ折りにして完成です。

・ボトムのたたみ方
①ポケットの上のラインと裾がそろうように半分に折ります。
②輪になっている方を3分の1程度折り返します。これで全体の厚みが均等になります。
このたたみ方だと重ねても斜めにならず、引き出したときにも美しい状態が保てます。