収納のアイデア

モノを使いやすくし、収納スペースも最大限に活用するためにも、収納スペース内に出し入れをしやすい仕組み作りをすることは必要なことです。収納の中心となる、モノの取り出しやすいゾーンには、意外とデッドスペースができやすく、せっかくの収納力が最大限に使われていない場合も多いようです。逆に、出し入れのことなど何も考えずに、スペースがあるところにどんどんモノを積み上げてしまう乱雑な収納も問題です。

こうした問題が解決されるように、カラーボックスやスチールラックを活用してデッドスペースを有効的に使い、モノの出し入れもしやすくなるような収納を考えて、収納力をアップさせることが大切なことになります。

もちろん、収納の前に不要なモノは処分することが前提になりますが、あくまでも限られた収納スペースで収納を考えるようにすることです。どうしても収納スペースに収まりきらない場合は、トランクルームなどを利用して、部屋の中には納場所は増やさない努力は必要です。それぞれのモノの収納場所を決めて、使ったらもとに戻すことで、片付けを維持し、それによって清掃もしやすくなるという一連の流れが滞りなく進むように、収納を考えることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です